里山を駆け巡る子どもを見つめる、自然派育児。外施設はひろば開設日時以外でも利用可能です。 〒947-0212 小千谷市大字南荷頃2666-1 TEL/FAX:0258-59-2003
2016年4月より週4日開催!
  • 1月20日(土) さいの神
  • 12月2日(土) 木のこん芋煮会

木のこんについて about KINOKON

五感で体感する自然体験

土の感触、草木の匂い、風の冷たさ、火の暖かさや怖さ。自然を体全体で受け止めながら遊びを作りだしていく子どもたち。その子がやりたいとおもったことを飽きるまでやらせてあげたい。自然に勝る育ちの場はないから。

親も子も育ちあう場

赤ちゃんから大きい子まで大家族の兄弟みたい。たくさん遊び、ケンカや仲直りをくり返して子どもたちが自分の力で育っていく。子供たちの成長を共に見守れる仲間が親にもできる。みんなで支え合えるから。

木のこんの由来

①木の根っこ ②木の子供たち ③きのこの子供たち
木の根っこは目に見える上の部分と同じ位、下に根を張っているからこそ風雪にも耐えられます。見えない根っこ程大事!強くたくましい根を下にも横にも張り巡らせ、強く生きて行ける様に。子どもたちにはじっくり、しっかり、強く、優しく成長していって欲しい。この自然と人と地域の中ですくすくと。

成長のためのリスクに対する考え方
スタッフ紹介
椎名望
愛称「のんちゃん」。2014年6月に地域おこし協力隊として『木のこん』がある東山地区に移住。保育士資格あり。子ども達がたくさんの経験・体験ができるように、子どもの気持ちに寄り添いながらサポートしたいと思っています。
廣井秀一
愛称「シュウ隊長」。東山で生まれ、東山で育った43歳のオッサンです。趣味は日曜大工で、できれば身の回りの物は自分で作りたい感じです。見た目で子ども達が怖がらなければいいなと思ってます。
前沢深雪
助産師の元気いっぱい頼れるおばあちゃん!たくさんの子ども達と接してきた前沢さん。前沢さんの言葉に元気をもらえますよ♪木のこんでは、毎月第1,3火曜日のおしゃべり会で会えます。